給湯器の水漏れを専門業者に依頼する理由

給湯器から水漏れを起こしたときには、修理や交換が必要です。そのままでは使うことができないため、早めに修理しなければいけませんが、自分で行うのは避けましょう。高い危険性が伴うため、さまざまな知識がなければできないからです。無資格では安全に工事ができないので、業者に依頼して修理や交換するのは資格が必要になるということも知っておきましょう。

■ガスや電気は目で見て判断ができない

給湯器にはさまざまなエネルギーが使われていますが、水はわかりやすい存在です、水漏れしている場合にも、すぐに判別がつきます。水は目に見えるのでトラブルが起きている状況を教えてくれますが、給湯器には目で見てわからない、ガスや電気も使われているのがポイントです。ガスや電気は目に見えず、判別がつかないため、知識がなければ、非常に危険な作業となってしまいます。電気に触れば感電しますし、ガスは中毒になる危険性があり、火花が飛ぶと引火するかもしれません。
もし給湯器から水漏れなどのトラブルが起きていることが分かった際には、すぐに使用をやめましょう。自分の家にある給湯器であっても、危険性には変わりがないため、業者に依頼して修理してもらう必要があります。

■給湯器に関わるいろいろな資格

給湯器は、ガスが使われている場合、LP法という法律の下で作業しなければいけません。このLP法によって、ガス供給や設備工事する場合、液化石油ガス設備士の国家資格が必要とされています。この資格がないものは、勝手に工事することができません。給湯器の交換では、必ず必要となってきます。
ガス機器設置スペシャリストなどの資格もありますが、こちらは民間の資格です。義務が発生しない任意の資格のため、業者によっては取得していない可能性があります。
ガス管の接続には、ガス可とう管接続工事監督者といったものもあるほどです。それほど危険性が伴い、専門性の高い仕事になるため、修理も交換も資格を有している専門業者に依頼しましょう。そうすることでガスや電気の心配もなく、日常生活の中で安心して使うことができます。

■まとめ
給湯器の水漏れが起きたときには、まず取り付けてくれた業者に相談するのが一番です。水道の修理をしているところでも、修理してくれます。資格も持っていますし、経験も豊富ですので安心です。自分でできることは水を止めて使用をやめることですので、水漏れが起きていても被害を広げないよう配慮し、業者へ修理を依頼して待ちましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ