給湯器の水漏れトラブルは交換の必要も

給湯器の水漏れのトラブルは、深刻な問題を引き起こします。修理できるのが一番ですが、不可能な状況になる場合も想定しなければいけません。修理ができなければ交換が必要になりますが、どのような状況になったら検討するべきなのかも知っておくと役立ちます。安心して使うことにもつながるため、給湯器を使用する上での大事な要素です。

■同時にいろいろと起こる経年劣化によるトラブルの修理

修理の基本は、不具合のある部分を直すことです。問題があれば、部品を交換して新しくしますが、給湯器の場合には、ガスや電気を使うため、汎用的な部品もありますが、専用で作られたものもあります。
給湯器の場合、水漏れを起こす原因はいろいろとあります。パッキンなども使われているため、内部で劣化するとトラブルに発展します。パッキンなどは交換で済みますが、経年劣化が原因となると、次々と問題が起こります。同時期に作られているものなので、経過する時間も同じです。水に接するかどうかでも違いがありますが、経年劣化によるトラブルは、1つ修理しても次々に故障を繰り返すことも出てくるため、水漏れを起こしたときには、原因になりそうな部分を同時に交換した方がいい場合もあります。

■部品の供給が止まってしまう時期が来る

給湯器は部品があれば交換も効きますが、なくなってしまえばできなくなります。そうなると本体ごと新しいものにしなければいけませんが、これにはタイミングがあるのは、あまり知られていない部分です。
部品の製造にも関係しますが、工業製品として、メーカーは10年程度は部品を作ってストックしています。生産開始からになりますが、製品としても修理用としても供給されている期間です。この時期を過ぎると生産は止まり、だんだんと在庫もなくなり、やがて部品の供給ができなくなります。
給湯器を設置するときには、すでに生産が始まっているため、およそ7年程度経った頃には、修理だけではなく交換のことも考えておくと安全です。経年劣化も激しくなる時期のため、交換を検討しておけば急な出費に備えることができます。

■まとめ
給湯器もいずれ修理ができずに壊れてしまうことになるのは、避けられません。部品の生産の面からも交換時期が想定できるので、普段から検討しておくのがポイントです。安心して使い続けるためには、壊れない状態を維持することが必要ですが、新品にすればまた何年も使うことができます。時期が来たら交換についても検討しておくといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ